セルロースファイバー

セルロースファイバーをつかう6つの理由

高い断熱効果

1.高い断熱効果、隙間のない施工技術

断熱は素材も大切ですが、施工が悪ければ性能が十分に発揮されません。見えない壁の中には、配管やコンセントなどたくさんのものが通っています。成形した断熱材では、ぴったりと隙間を埋めることが難しくなります。セルロースファイバーは、専門の知識と技術を持った断熱施工の職人が、セルロースファイバーの細かな木質繊維と空気を一緒に壁の中に施工します。コンセントや筋交いなど細かく複雑な形でも、隙間なくビッチリ吹き込みます。だから、セルロースファイバー本来の高い断熱効果を発揮します。


湿度を快適に

2.湿度を快適に

セルロースファイバーは、木の繊維でできています。細かな繊維は、たくさんの空気の粒を内包しており、そのたくさんある空気の粒が湿度を吸収します。湿度の高い夏は、空気中の湿度を吸い込み、乾燥している冬は、湿気を放出します。いつでも快適な湿度で生活できます。


高い防音性

3.高い防音性

音が漏れる原因の1つとして、断熱材の密度があります。セルロースファイバーは、壁の中にぴったり吹き込むので密度が高いので、音の伝わりを遮断し、高い防音性を発揮します。一方密度の低い断熱材(ウレタン断熱材、ポリスチレン断熱材)は、音を遮る効果が少ないです。また、セルロースファイバーは細かな繊維にたくさんの空気をの粒が音を吸収する役割も兼ね備えています。なので、家の中の音が外に漏れたり、外部の音が聞こえる事はほとんどありません。幹線道路沿いや踏切の近くに住んでいる方も、音がほとんど気にならないそうです。


防虫効果が高い

4.防虫効果が高い

セルロースファイバーは、主に木質繊維と「ホウ酸」でできています。使用しているホウ酸は、目の洗浄や化粧品の防腐剤としても使用されいる安全性の高いものを選んでいます。また人体に影響のない素材として、LD50という半致死量の検査でも、食塩とほぼ同等の結果が出ており、セルロースファイバーは食塩の約5倍の安全性が高い素材という結果があります。そして、ホウ酸はホウ酸団子として使用されるように、害虫駆除の効果も高いです。なので、木質繊維にホウ酸をまぶすことで、木質繊維自体の保護にも効果的で、文化遺産等にもホウ酸が散布され、建物を守り、ゴキブリやシロアリ、ネズミなどが住めないようになったそうです。


高い防火性能

5.高い防火性能

セルロースファイバーにはホウ酸が散布されているので、とても燃えにくい素材になっています。ホウ酸自体が難燃性で、火が付くと炭化する性質。セルロースファイバーは繊維が細かく、ホウ酸の効果で炭化し、燃え広がりません。


エコの素材

6.再利用でき、製造エネルギーの低いエコの素材

断熱素材を製造する時に係るエネルギーが、とても低い素材です。一般的な断熱材のものに比べても20分の1以下のエネルギーで製造されています。また、リフォームの時も、断熱材として再利用することができます。木から生まれたご家庭の不要な新聞紙を回収して、製造されるセルロースファイバーは、自然に還る環境にやさしい素材といえます。