筋交い補強工事

こんにちは。
設計担当の森本です。

前回は壁の耐震パネル工事についてお話ししましたが、今回は壁の筋交い補強についてお話します。

「筋交い」という言葉を聞いたことはあるでしょうか?
家の壁の内側で強度を高める材料の」ことです。

そんな筋交いですが、築年数が古い家にはあまり使われていないのが現状です。
中には壁を剥がしてみると1~2ヶ所くらいしか使われていないこともあります。

耐震パネルで壁の補強ができますが、筋交いは耐震パネルより強度が高いので、使用することも少なくありません。
しかし、筋交いを使用するには壁の内側(土壁)まで取り除かなければいけないので、大変な作業になります。

そこで、家のリフォームで間取りも変更しようと考えている方には、お勧めの方法になります。
間取りを変更する際は壁を壊さないといけないので、一緒に耐震補強をするとコスト面でもメリットがあります。

壁の補強にも色々と種類があるので、自分に合った方法を選択しましょう!!

筋交い

投稿者プロフィール

森本 善彦
森本 善彦代表建築士
お客様のお住まいに対する想いをかたちにすることが私の仕事であり、使命です。お客様のご希望やお悩み、どんな暮らしを思い描いているのか教えてください。 その想いに対して建築のプロとしてのアドバイスをさせて頂き、一緒にかたちにしていきます。
今だけを見るのではなく、これから先永い年月の間、大切に想って頂けるお住まいをぜひ、一緒に創りましょう!