白蟻対策も家を考える上で大切!!

こんにちは。
設計担当の森本です。

今日は白蟻予防の勉強会を行いました。
白蟻の種類はヤマトシロアリとイエシロアリ。見た目はよく似ているので見分けるのは難しいと思いました。汗)
それはさておき、新築住宅の基礎はべた基礎と呼ばれるコンクリートで覆われた基礎を使用しているので、地中から侵入する白蟻を防ぎやすい構造になっていますが、
それでも水道配管周りや基礎のちょっとした隙間から入り込んでくることも少なくないとのこと。
新築5年での白蟻被害も出ているとか・・・
最近はアメリカカンザイシロアリという、飛んで来て被害をもたらす種類も出てきているようです。

予防をするためには、白蟻が好んで食べる木材(柱や土台など)にホウ酸処理が効果的。
通常の土壌処理剤の効き目は5年と言われています。しかし、ホウ酸は半永久的に効力が持続するそうです。しかも自然素材ですので、人の体にも有害でないとのこと。
れから長い年月を共にする大切なお住まい。ずっと安心して暮らしていくためには必要不可欠な
ことだと学びました。

投稿者プロフィール

森本 善彦
森本 善彦代表建築士
お客様のお住まいに対する想いをかたちにすることが私の仕事であり、使命です。お客様のご希望やお悩み、どんな暮らしを思い描いているのか教えてください。 その想いに対して建築のプロとしてのアドバイスをさせて頂き、一緒にかたちにしていきます。
今だけを見るのではなく、これから先永い年月の間、大切に想って頂けるお住まいをぜひ、一緒に創りましょう!